車検予約を早めにするメリット

車検費用を安くするのに早期割引というのがあります。

とはいえ、実際にいつから車検の予約ができるのかってことですよね。早ければ早いほうがいいとは言え、いつから予約できるのか気になります。

結論としては、車検の有効期限内であればいつでもいいそうです。要するに車検有効期限内なら、早い方がいいってことです。

車検の有効期限は、ふつうは車検証に書かれている車検の有効期限の満了日から1ヶ月前からです。

ただ、1ヶ月以上前でも車検を受けようと思えば、受けられるようです。でも、これはあまり賢い方法じゃないんです。

なぜかというと、1ヶ月以上前に車検を受けてしまうと、その車検を受けた日が、次回の車検日になってしまうからです。ふつう車検有効期間の1ヶ月前以内に車検を受ければ、次回の車検日は当初の有効期限までの2年間になります。

なので、1ヶ月よりの前に車検を取得してしまうとその2年が無駄になってしまうんです。やむを得ない事情以外では、車検満了日から1ヶ月前の間に車検を受けるのがいいんです。

 

ただし車検の予約は、業者によってさまざまです。業者としては、車検申込数を増やしたいのですから、できるだけオイシイ材料、つまりは、早期割引とかネット割引とか・・・、で、ユーザーの囲い込みをします。

なので、車検有効期限の3ヶ月前とかから予約を受付している業者もあります。当然、車検場は1ヶ月前からでしか受け付けませんから、車の持ち込み自体も3ヶ月前には、行いません。

予約はあくまでも約束みたいなもの。書類で契約だけ早めしてもらうというものです。まぁ、利用者としては安いに越したことはないので、いいんですけどね。

では、ユーザー側から車検予約を早期にするメリットとしては早割以外になにがあるかというと、相見積もりを取る時間が確保できることじゃないでしょうか。

複数の業者から車検の相見積をもらい、安い方にすることもできます。

 

今はネットで「早期 車検予約」のような車検予約サイトとかあるので、そこを利用すれば、早割のある業者を探すのも、相見積も簡単に見つけられますからね。